会社概要

  • HOME »
  • 会社概要

おかげさまで平成20年に創業100周年を迎えました

1909年(明治42年)の創業以来、信用を第一にお客様に安全、安心、安定した商品とサービスをご提供できるよう努めております。
時流にあった商品提案など変化するお客様のご要望にスピーディにお応えできる企業でありたいと、考えております。
 

 

会社概要

商号 鈴兼米穀 株式会社
所在地

本社
埼玉県入間郡三芳町北永井829-2
TEL 049-258-0305 FAX 049-259-7050

精米工場
埼玉県入間郡三芳町北永井829-1

代表者 代表取締役社長 鈴木 隆一
資本金 1,000万円
決算期 2月
創業 1909年(明治42年)5月25日
設立 1954年(昭和29年)3月5日
従業員 15名
関連会社 鈴兼倉庫(株)
(株)鈴兼コーポレーション
販売先業態 弁当・給食センター 会社・学校・病院等の食堂 高速道路SA ゴルフ場   レストラン 料亭 スーパー 米穀小売店 他
取引銀行 埼玉りそな銀行 上福岡支店
みずほ銀行 川越支店
三菱UFJ銀行 新座志木支店
武蔵野銀行 ふじみ野支店
商工組合中央金庫 さいたま支店

 

お客様紹介

弁当センター

シントミフーズ(株)、(株)クロ-バ-、(株)ファミリーフーズ、所沢給食施設協同組合、他

給食提供会社

(株)ニッショク、(株)関東グリーンハウス、(株)メフォス、スエヒロセントラルキッチン(株)他

サービスエリア

小島屋乳業製菓(株) 関越自動車道上り 高坂SA、常磐自動車道下り 守谷SA他

社員食堂

埼玉りそな銀行・りそな銀行、各支店、サンケン電気(株)、(株)栄喜堂、他

病院・介護サービス

グループホーム愛の家、上福岡総合病院、イムス富士見総合病院、イムス三芳総合病院、他

ゴルフ場・料亭

美里ロイヤルG.C、美里G.C、児玉カントリークラブ、
割烹「二葉」、料亭「角屋」他

その他

米穀小売店、スーパー、レストラン、寿司店、蕎麦店、うなぎ店、ラーメン店など多数

 

沿革

1909年(明治42年)5月 初代社長 鈴木兼吉が「鈴木兼吉商店」を埼玉県入間郡三芳村で、肥料商として創業。
1940年(昭和15年)5月 三芳村より食料配給所に指定される。
1948年(昭和23年)5月 農林水産省より指定米穀倉庫業の認可を受ける。
1954年(昭和29年)3月 2代目社長 鈴木新次が7名の発起人と共に、「株式会社 鈴木商店」を 資本金100万円で設立。三芳村初めての株式会社。
1968年(昭和43年)6月 米麦保管倉庫竣工(4,000俵収納)。
資本金を300万円に増資。
1968年(昭和43年)12月 大型精米工場竣工。精米能力1.5トン/時間。
1970年(昭和45年)5月 3代目社長 鈴木繁郎が「鈴兼倉庫 株式会社」を設立。      倉庫賃貸業を開始する。
1970年(昭和45年)5月 「株式会社 鈴木商店」を「鈴兼米穀 株式会社」に社名変更。
資本金750万円に増資。
1972年(昭和47年)3月 資本金1,000万円に増資。
1994年(平成6年)6月 4代目社長 鈴木隆一が「株式会社 鈴兼コーポレーション」を設立。
1996年(平成8年)5月 米麦保管倉庫に低温倉庫設備を設置。
1999年(平成11年)3月 精米工場内、精米機械設備を入替。精米能力4.5トン/時間
2004年(平成16年)2月 設立50周年。
2006年(平成18年)3月 農林水産省より農産物検査法に基づき、登録検査機関に登録される。
2008年(平成20年)5月 創業100周年。
2008年(平成20年)7月 胚芽精米設備を設置。胚芽精米の商品化をスタート。         精米能力0.5トン/時間。
2008年(平成20年)7月 社団法人 日本精米工業会、21胚芽精米推進協議会に入会。
2018年(平成30年~) 現在に至る。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-110305 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 鈴兼米穀株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.